HOME>アーカイブ>ウェブ接客用ツールを使って集客力をアップさせよう

BGMの音楽において、著作権が問題となる場合

youtubeなどの動画サイトでbgmを使用する場合、著作権管理事業者に管理を委託していないアーティストの曲を用いると、著作権が問題になることがあります。

ウェブ接客の方法とは

ウェブ接客用のツールを活用する

ウェブ接客用のツールを活用して、閲覧に来たユーザーをサポートします。

接客用のシナリオについて考える

ウェブ接客ツールを運用するにあたり、誰にいつどのような接客をするなどのシナリオを考える必要があります。

導入するウェブ接客ツールを検討する

数多くあるウェブ接客ツールの中で、自分たちに合ったものを検討します。

チャット型ツールを使用する

画面の隅にチャットボックスを配置し、ユーザーとのコミュニケーションをはかります。

ポップアップ型接客ツールを活用

ページ閲覧しているユーザーに対して、最適なサービスをポップアップ形式で紹介します。

事前準備が大切です

タブレット

ウェブ接客の時に効果的なbgmを使用する時には、JASRACに許可をとることが必要です。音楽には著作権というものが存在します。著作権は作者による権利を守るために必要なことです。第三者が勝手に使用するということは法律的に禁止されているので、ウェブ接客をする時に許可なく使用することは避けることが必要です。この場合、楽曲だけでも歌詞だけを使ったという場合にも著作権は発生するので、気を付けることが必要です。

なかには適用されないものもある

パソコン

ウェブ接客において、すべてのbgmに著作権が発生するのかというと、そうではありません。なかには著作権がないという曲もあります。その理由は、曲が著作権保護期間内かどうかということです。著作権保護期間というのは、著作者の死後70年までを原則としています。例えば、クラッシックであったとしても、近代的な曲の場合は保護期間が過ぎた場合は料金を払うことが必要です。ですが、以前にウェブ接客では、より魅力的に見せるためにbgmにもこだわりたいという時もあるでしょう。そんな時には、著作権に気を付けて選ぶことが大切です。まずは、コンセプトに合う楽曲を見つけて、使用したい曲が保護期間なのかどうかかを調べることが必要です。